コレステロールの一つ、HDLとは

最近は肥満や隠れ肥満を気にして健康診断の結果を気にする方が増えています。
また、生活習慣病を予防するためにも注意が必要なのがコレステロール値です。
コレステロール値には2種類あります。
そのひとつがHDLです。
別名を善玉コレステロール値とも言い、血液中の量から健康状態を確認することができます。
そしてこのHDLは勘違いされやすい値でもあります。
多くの方はコレステロールというと体に悪影響を与えるものとイメージしがちですが、このHDLは違います。
逆に血液中の余分なコレステロールを運ぶ働きをするので、体に良い影響をもたらすものと言えます。
そのためこの値が高いからと食事制限をしようとする方がいますが、それは間違いです。
逆に健康な状態と言えます。
注意しなければいけないのはLDLという悪玉コレステロール値です。
このLDLが高いと、血液中に余分なコレステロールが多く、つまりやすい状態と言えます。
これが引き金となり、脳梗塞や心筋梗塞、動脈硬化を引き起こす原因になるのです。

そのため健康診断の際にはHDLとLDLという値を確認できますが、注意が必要なのはLDLです。
HDLが高い値でも健康に問題はないので、心配いりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です