コレステロールを減らすには運動は必要です

健康を維持するためには食事、運動、休養が必要です。
コレステロールが高い場合は食事を見直すことも大切ですが運動をすることも必要なのです。

コレステロールは脂のことで水に溶ける性質を持っているたんぱく質と結合して血液中に存在し、悪玉と善玉があります。
悪玉と言われるLDLは肝臓で作られたコレステロールを全身の細胞に運ぶ働きがあり、悪玉が多い場合は血管壁に蓄積して血液の通り道が細くなり血栓ができやすくなり動脈硬化を引き起こすことにつながり心筋梗塞や狭心症などになる危険性も高まります。

悪玉コレステロールを改善するためには運動が必要です。
適している運動は酸素を取り込みながら行なうウォーキングなどの有酸素運動です。
有酸素運動は脂肪をエネルギー源として体脂肪を燃やして善玉コレステロールを増やすことが期待できるのです。
運動はたまに行なうのではなく、毎日継続することで効果が発揮されます。
1日30分程度を毎日行なうことが理想的です。
毎日行なうことが難しい場合には週3日以上でも効果があります。
注意するのは期間を3日以上あけることです。
効果が減少してしまうため、できるだけ継続するように心がけます。
過度なものは疲れを残すだけなので、楽なスピードでややきつい感じが効果を高めるため、買い物などで歩く時間を1日の歩数を1万歩を目標にプラス1000歩をするようにして始めます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です